アディポネクチンとプロテアーゼ

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンの一つといえます。

しかし、一般的なホルモンよりも濃度が高く様々な性質を持っていることが明らかになっています。

近年は糖尿疾病の患者様が増し、日本の診療費の増幅の原因にもなっていますが、アディポネクチンは糖尿疾病の調整作用があります。

骨格筋や肝臓にあたって脂肪酸を燃焼させ、血糖を押し下げる唯一のホルモンであるインスリンの使い道を良くしたり、肝臓で様々な物体から糖分を産生始める糖新生を抑制するため血糖値を低下させるのです。

また、動脈硬化、高血圧や心臓疾病を抑制する性質もあるといわれています。

動脈硬化はカラダの動脈にコレステロールなどが密着し血管がごつくなってしまうことで進行します。

アディポネクチンは血管に傷がついた際には傷ついた部分に入り込み、その部分での炎症を抑えるため動脈硬化を抑制すると考えられています。

また動脈がごつくなることで高血圧を招き、心臓に負担がかかり心臓疾病を引き起こしますので、これらの病を抑制する性質もあるといえます。

正に高血圧の患者様から検査してみると、高血圧の患者様にはアディポネクチンの濃度が正常な人に対して低下していることが報告されています。

プロテアーゼは、タンパク質やペプチドのペプチドミックスを加水分解する酵素の名です。

咀嚼液に含まれる以外、バイキンが分泌されるものなどとして知られています。

次にプロテアーゼの使い道にあたっては生き物においては、生理的に栄養素分解、タンパク質、カラダの健康予防、活性の配慮などの分野で活躍しています。

次にプロテアーゼの個性に対して、プロテアーゼにも個性が強いものと低いものがあり、例としてHIVプロテアーゼの基質性において、HIV治療に大きな効き目を上げていることが知られています。

次にプロテアーゼを殆ど盛り込む植物や菌類、バクテリア類について、植物においてはパイナップル、ショウガ、イチジク、キウイフルーツなどが言える。

菌類については、マイタケ、麹、ケカビ、クモノスカビなどが言える。

バクテリアについては、納豆細菌のナットウキナーゼなどが言えます。

最後ににプロテアーゼの使い道に関しまして、主な使い道として洗剤、みそ、醤油の精製、クッキー・クラッカー、肉、チーズの作成、絹の精錬、脱灰、抜け毛、咀嚼酵素など様々な使い道で使われてあり、我ら人々の生活にも欠かせないものになっています。

アディポネクチンとプロテアーゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です