平成生まれに関するあれこれ

1989年1月8日に元号が昭和から平成に変わり、バブル崩壊や世紀の移り変わり、リーマンショックなど激動の時代を経ながら、現在に至ります。平成生まれとは、まさしく平成元年である1989年1月8日以降に生まれた人を指し、比較的若い世代が当てはまります。そんな平成も、2019年に現行が変わる予定であるため、現在でいう「昭和生まれは昔である」イメージが、平成生まれにも当てはまることになります。
平成生まれの特徴としてよく挙げられるのが、ゆとり世代ということです。従来の詰め込み傾向の教育から、個人の裁量や特徴に応じて臨機応変に学習させるようになったことが由来していますが、厳密にはこの教育方針は1980年代から始まっているため、必ずしも平成生まれの人だけに当てはまるものとはいえないでしょう。
平成生まれは比較的不幸であるともよく言われます。これは、先述したようなバブル崩壊やリーマンショックなど、不況が続いていることや、俗にいう失われた20年が平成に当てはまることなどから、特に昭和生まれと比較すると、豊かではない時代を過ごしていると考えられます。それでも、技術革新や世界のグローバル化など、常に最先端の現実を味わえるのは、平成生まれの特権であり、また、これを次の世代に残していくことは、平成生まれの使命といえるでしょう。

http://xn--3kq2b77t3qklpc04q97myoqwicgs8h.com/wp/

平成生まれに関するあれこれ